ジャズとコーラス

(30) 映画 Young@Heart Forever Young


Young@Heart

今夜はOZ SONS一家で「ヤング@ハート(Young at Heart)」という映画を見てきました。マサチューセッツ州ノーザンプトンに実在する爺さん婆さん20名ほどのロックンロール・コーラス隊のドキュメンタリー映画です。

平均年齢が80歳とか。その年寄りがロックンロールを唄うのです。なんとも・・・言葉になりません。涙がこぼれました。年1回のコンサートのために練習をする風景が描かれますが、コンサートを目の前にして二人のメンバーが病気で亡くなっていきます。

メンバーはその悲しみを真正面から受け止めますが、練習も活動も中断することはありません。

「歌うこと=生きること」を教えてくれる映画でした。

これはYouTubeに投稿されている映画の一場面で、Young@Heartが刑務所の受刑者を前に唄う場面です。この日の朝にも一人が亡くなったという知らせが来ます。

http://www.youtube.com/watch?v=W4kqfYsOe4M

↑これは消されました。

↓こちらを見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=VPDk-QE-Px4

これも消されました。

いや、復活です。

不思議にも長いこと生き続けてます。

しかし、このフィルムは映画そのもので著作権でいつでも消される運命にあります。

駄目になったら、次をダウンロードして見てください。

FOREVER YOUNG

(右クリックで保存してから再生してください)

 

4人目にソロを歌うお婆ちゃんはこの時92歳だそうです。

ここで唄われた歌は1970年代にフォークソングのボブ・ディランが作った歌です。ボブ・ディランはいい歌を沢山書いてくれた人ですが、この歌はこのお年寄りのコーラスには敵いません。Young@Heartはしっとりとしたスローロックバラードで唄います。原曲とは趣がすっかり変わって聞こえます。100倍素晴らしいです。

映画の帰り、電通通りの古いバーPassportに寄りました。「記念写真」をと言って撮って送ってくれた写真です。珍しいお店です。

2009/2/6


  INDEX     PREVIOUS NEXT