ジャズとコーラス

(34) Peter, Paul & Maryのマリー死去 Browin' in the Wind

Mary Traversが2009年9月16日、血液のがんで亡くなりました。72歳でした。

1960年代、ベトナム戦争反対の嵐が吹きまくりました。音楽の世界ではフォークソング・ブームが起こりました。先頭を切ったのがキングストン・トリオでした。50年代中頃から歌声が鳴り響きました。

PPMは日本にも度々来て、コンサートを開きました。コーラスのアレンジの巧みさとフォークギターのテクニックのすばらしさは音楽性の高さを示すものです。


Peter, Paul & Mary

学生時代に小金井のキャンパスに通う工学部トリオでフォークも唄ったことがありました。ジャズ・コーラスだけでなくフォークを唄った時代もあったのです。

90年代の初めでしたが、今はない六本木テレ朝通りのDOMINANTにポール1人が連れてこられたことがありました。驚きましたねえ。当時、スパイダースの田辺音楽事務所の副社長、川村さんが連れてきたのです。昔を思い出してポールと話をしたことがあります。写真では真ん中のおじさんです。2009/9/19

Peter, Paul and Mary

 

1990年のジャパン・ツアーより


  INDEX     PREVIOUS NEXT