ジャズとコーラス

(28) フォー・プレップス再結成 The Four Preps


The Four Preps, 2007

2004年のPBS(Public Broadcasting Service)Specialの公開のコンサート「Magic Moments - The Best of 50s Pop」にフォー・プレップスというグループが30年ぶりにオリジナル・メンバー2人と応援の2人でその場限りのグループで登場しました。このページの一つ前のページにあります。

それがきっかけとなり、リーダーであったBRUCE BELLAND(前、lead)に、BOB DUNCAN(左、The Diamonds⇒Crew Cuts、top)と彼のCrew Cutsの仲間、JOE DICKEY(右、Crew Cuts、baritone)、SKIP TAYLOR(後、Crew Cuts、bass)を加えて再結成されたとのことです。BOB DUNCANは1978年にThe Diamondsに入り、20年後の1998年にCrew Cutsをリフォームしました。というわけで、オリジナルのBruceに新しいCrew Cuts3人が引き取られて、Four Prepsが出来たのです。2007年夏から活動開始しました。Bruceは今年71歳になりますが、声は全く衰えていません。


2014(current group)

久しぶりにOfficial Siteを見たら4人の写真の1人が貼り付けられています。上の写真の1人だけ入れ替えたものです。まるで私が作ったみたいです。一番右の男は、Crew Cuts出身のMichel Redman(baritone)です。

1955年にデビューし、翌年、キャピトルレコードと長期契約しました。”26miles”が大ヒットしましたが、コンサートでは当時のボーカル・グループの物まねを織り込んだメドレーが馬鹿受けでした。プロモーションビデオを見ると、今も同じことをやっているようです。

ですから、このグループができてからThe Crew Cutsを継ぐグループはなくなったようです。 

2004年の番組は、私も偶然に見つけたもので感動ものでした。何と高校生の時代に活躍していたPopの人たちが一堂に会したのです。来ているお客さんたちも我々と同じ年代の人たちで、ステージのパフォーマーと一緒になって唄っている姿は印象的でした。

よくわかります。私がその場に居合わせたら、一緒に歌っていたことでしょう。実際、10数年ぶりにFour Freshmen #18 のライブを旧Blue Noteで見たときは、全部、唄ってしまいました。全部ね。2007/10


  INDEX     PREVIOUS NEXT