ジャズとコーラス

(36) ドリフターズ White Christmas

いかりや長介のドリフターズはコミックバンドとしてクレイジー・キャッツを凌ぐ茶の間の人気者でした。

ドリフターズという名前は、R&Bのグループ、The Driftersの名前をとって付けられたものです。

The Driftersは1953年の結成ですが、そのメンバーの入れ替わりは激しく、40人ほどのメンバーがドリフターズの名の下に歌ったといいます。それで、現在でも存続していますが、オリジナルのメンバーは全て死んでしまいました。

「ラストダンスは私に(Save The Last Dance For Me”」はDoc Pomasの作曲になるもので有名です。日本では越路吹雪のヒットソングです。本家のドリフターズはコミックバンドではありませんが、コミカルに歌います。


The Drifters,1953

上の写真が結成当時のドリフターズと思われます。グループのリーダーはMcPhatterです。しかし、2,3年の間にメンバーがころころ変わります。

Lead : Clyde McPhatter ⇒ David Baughan (1954) ⇒ Johnny Moore (1955) ⇒ Bobby Hendricks (1957)
Tenor: Gerhart Thrasher
Baritone: Andrew Thrasher ⇒ Charlie Hughes (1956)
Bass: Bill Pinkney ⇒ Tommy Evans (1956) ⇒ Bill Pinkney (1957)

1958年には、まったく新しいメンバーのドリフターズが生まれています。結局、分派活動はプラターズと同様で、法廷闘争になっています。その年にドリフターズの権利をMcPhatterは、マネージャーだったGeorge Treadwellに売ってしまいました。後悔していたそうです。

現在では、Treadwellの娘がDriftersの権利を持っています。ここでも、古い暖簾で商売しているようです。

オリジナルのメンバーで最後まで生きていたのは、バスのBill Pinkneyです。彼は、Bill Pinkney's Original Driftersというグループを立ち上げて歌っていましたが、2007年に死にました。

私が興味を持つのは、1954年の”White Christmas”なんです。バスのPinkneyとリードのMcPhatterがソロを歌い、何ともいい感じのホワイト・クリスマスを聞かせます。その漫画バージョンがYou Tubeに出ています。(2010/12/24)

漫画バージョンが可愛らしい

これは54年のオリジナルメンバーの音源を使っているようです。


  INDEX     PREVIOUS NEXT